住民同士が快適に暮らせる|初心者だからと投資を諦めるな|チェックメイトはまだ早い
レディー

初心者だからと投資を諦めるな|チェックメイトはまだ早い

住民同士が快適に暮らせる

集合住宅

管理維持方式

マンション管理には、物件を購入したそれぞれの住民が役割を決めて交替をしながら維持管理を行う「自主管理方式」と専門業者に依頼する事以外のおおまかな維持管理を行う「一部委託方式」、住民同士の連携が難しい場合すべてをまかせる「全部委託方式」があります。住民それぞれが快適に過ごせるようにするには、マンション管理の3つの方法からそれぞれのメリットとデメリットを抑えておきたいものです。メリットから言いますと自主管理方式の場合管理業務経費を大幅にカットすることが出来ます。一部委託方式は、専門業者がいるため安定した維持管理を行うことが出来ます。全部委託管理は、大きな負担を軽減することができるのでスケジュールを決める必要もありません。

主な業務

マンション管理業務には大きく分けて、受付業務と点検業務それに立合い業務に報告連絡業務、清掃業務があります。受付業務では住民以外の外来者や騒音等の住民に寄せられた苦情応対があります。また全住民の鍵や蛍光灯や来年度予算の書類等の保管や警察や消防等官公長との報告などの連絡や組合委員会でまとめた「決まり」や「注意喚起」等をお知らせする通知事項の掲示、新しく入居する住民や退去する住民の届出が行われています。またマンション管理には点検業務では照明やエレベータ、住民のブレーカ異常の点検や電話、避難機器が正常に作動するかどうかの点検業務が行われています。立合業務では建物の保守点検等の立合や修繕工事や清掃業務の立合いごみ収集時の立合いが行われています。専門業者に全部委託管理をする場合は、信頼できる業者に頼むことが大切です。その理由は、住人の個人情報を扱うことになるので、これらが流出したらオーナーにまで責任問題が及ぶ可能性があるからです。業者を選ぶときは比較サイトが役に立ちます。サイトには業者のこれまでの実績であったり、管理費用が載せられているので、これを比較検討しながらどの会社に管理させるのが最も適当か検討してみるといいでしょう。